スキンケア商品として人気の高いルミナスホワイト。

シミにも美肌効果にも有効成分がしっかり働いてくれるジェルで、オールインワンなので短時間でケアできる
優れものですよね。

エイボンはどういうスキンケア商品なのか。ルミナスホワイト何か違いがあるのか。

スキンケア商品がたくさんありすぎると迷ってしまいますよね。自分が一番スキンケアしたい場所に効果がある
ものを選びたいでよね。

ルミナスホワイトとエイボンの違いを調べていきましょう。

エイボンもオールインワンでスキンケア出来るの?

エイボンのスキンケア商品としては、フェイスクリーム・乳液・化粧水の3種類あります。また、洗顔も石けんと
洗顔フォームの2種類あります。

種類があるということは、エイボンはオールインワンではなく洗顔後、化粧水・乳液・フェイスクリームという
順序でスキンケアをする必要があります。

ルミナスホワイトと比べると手間がかかると感じてしまうかも知れませんね。

エイボンにはどんな成分が入っていて、何に効果があるの?

実際エイボンは、どういうスキンケアに効果があるのでしょうか。成分からみていきましょう。

化粧水(モイスチャーローション)には、12種類の成分が入っています。

その中に、保湿に効果があるグリセリン・加水分解酵母エキスが成分として入っており、その他にも、皮膚保護作用に
高い成分なども含まれています。

フェイスクリームには、なんと32種類の成分が入っています。

保湿であったりビタミン・皮膚保護作用のある成分が含まれています。基本的には、いろいろなメーク用品に入っている
成分と同じです。

ルミナスホワイトの成分は何が入っているの?

ルミナスホワイトには、美白・保湿・消炎作用に優れたビサポロール、ドライ肌に効果がある加水分解コメヌカエキス、
ビタミンCよりも持続性に優れたビタミンCエチルが配合されています。

アンチエイジングこうかとしては、カモミラエキス・酵母・アーチチョークの3成分が含まれています。

それぞれに特化した成分を使用しているので、効果もありそうですよね。

ルミナスホワイトとエイボンの比較

ルミナスホワイトとエイボンの成分を比較してみると、同じ成分が入っている訳ではありませんが、肌を再生させる
効果としたときには、同じではないでしょうか。

ルミナスホワイトはシミや美白に効果があるのに対し、エイボンは、その効果はあまりないと言えます。

エイボンは重ね付けをするので、べたべたしたりするので、肌の状態によっては不向きになることもあるかも知れません。

普通肌から乾燥肌の人は、しっとりするので向いているでしょう。混合肌の人はニキビが出来たりすることもあるかも
知れません。

まとめ

いかがでしたか?

ルミナスホワイトとエイボンは、似ているようで似ていません。

シミ・美肌はルミナスホワイトの方に軍配が上がります。エイボンは乾燥肌の人にとっては有効に働きかけることが
できますね。

自分が何をスキンケアをするのかによって、化粧品を選択するのも重要なことです。

また、使用してみて肌が荒れてしまった場合は使用を中止しましょう。

>>ルミナスホワイトの公式サイトはこちら