シミ・美白に効果のあるルミナスホワイト。

スキンケアもオールインワンのため、時間も短縮でき手間もかかりませんよね。万能なクリームですよね。

こんなに簡単に効果を得られてしまったら、何か悪い成分が入っているのではないかと不安になりますね。

不安があると使うことをためらってしまいがちですよね。

ルミナスホワイトに何か問題が潜んでいるのか見ていきましょう。

ルミナスホワイトに副作用はあるのか?

副作用があると考えるのであれば、それは成分に副作用が潜んで知るかもしれません。

ルミナスホワイトには、水溶性プラセンタ・グリチルレチン酸2K・加水分解コメヌカエキス・水溶性コラーゲンなどの美容に聞く効果がある成分は入っています。

その成分にはどういう効果があるもので、副作用につながらないと言い切れるのかみていきましょう。

水溶性プラセンタ

胎盤に含まれる成分が水溶性プラセンタとなります。

細胞が活性化され新陳代謝が活発になります。つまり、水溶性プラセンタは肌の美白をするために成分です。

これはうれしい成分になりますね。

グリチルレチン酸2K

甘草の根に含まれる成分で、傷などの炎症をおさえる働きがあり、ニキビなどを改善出来ると思います。

肌の再生をすると言うことになります。肌の再生重要ですよね。

下垂分解コメヌカエキス

コメヌカを水で抽出したエキスになります。

加水分解コメヌカエキスにはオリザノールといわれる紫外線からお肌のダメージを防いでくれる成分が入っています。

シミ予防効果がある成分になってきます。

水溶性コラーゲン

動物の真皮を原料とした螺旋構造をもつコラーゲンの水溶液です。

皮膚の水分蒸発を防ぎ肌の保湿を高めてくれる成分となります。

上記の成分からは、副作用をもつような成分は見つかりませんでした。

ということは、肌に良い結果が現れても、副作用をおこすという成分はないということになります。

肌が敏感な人にでも、安心してお使い頂けるということになります。

副作用がないとはいえ、肌に合わない状態で使用することは絶対にしないでください。

後回しにしてしまうと、大変なことになり得ています。

使用方法と取り扱いに気をつけることが重要になってきます。

また、自然由来成分や化学成分を使っているので、アレルギー反応が出てくることもあります。

使用するときには、何かがおこるということがあまり言えませんが、使用する場合には、アレルギーに注意をしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

副作用は起こらない成分で作られていることはある程度理解はできると思います。

しかし、アレルギーに対しては、人それぞれなので症状がでた場合は迅速に対応していきましょう!

今回はルミナスホワイトの副作用を見てきましたが、他のスキンケアでも同じような問題が発生する可能性はあります。

どんな成分であるのかを調べて見ることもいいことかも知れませんね。

スキンケアで失敗しないようにしていきましょう!

>>ルミナスホワイトの公式サイトはこちら