誰でも気になり、出来て欲しくない「シミ」。

その「シミ」は遺伝の影響があるのであろうか。

遺伝が影響で「シミ」が出来るという話もありますが、事実なのでしょうか。

もし事実であるならば、ケアしても意味がないように感じてしまうのかも知れません。

「シミ」と遺伝について見ていきましょう。

遺伝で影響のあるシミはあるの?

遺伝で影響がある「シミ」がありました。それは「そばかす」です。

「そばかす」は鼻の周りに出来やすく、年齢も若いうちから出てきます。

シミは、紫外線を多く浴び続けると出来やすく、年齢を増すごとに発症が高くなっていきます。

しかし「そばかす」はその状態に該当しないのです。

「そばかす」最初は薄いシミですが、紫外線を浴び続けてしまうと濃いシミに変わってきてしまいます。

薄い「そばかす」でもしっかりケアすることにより、濃いシミに変わることもないでしょう。

「そばかす」でケア?と思ってしまいますが、「そばかす」もシミなのです。意識している人は少ないかもしれませんが。

遺伝で出来るからしょうがない部分はありますが、ケアを怠ってしまうともっと大変なことになってしまうので
ケアをするこよも重要です。

その他の要因はあるの?

シミの出来やすさは、ダメージを受けたDNAがどれだけ修復する力があるかによって変わります。

修復する力が強い人ほど、シミになりにくいのです。

ではどういう人が修復力が強くシミになりにくいのでしょうか。またそれは遺伝と関係があるのでしょうか。

二つのパターンに分けてみていきましょう。

色黒の人

色黒の人は、元々持っているメラニンやヘモグロビンの量が多いのが要因となり肌が黒く見えるのです。

そのため、紫外線によるダメージには防御力が高いのでシミになりにくいのです。

生まれつきダメージに強い肌なので、シミや肌の老化になることも遅くなるので、しっかりケアをしていれば
若々しい肌をたもつことも可能なのです。

色白の人

色白の人は、元々持っているメラニン量が少ないことにより、紫外線によるダメージの防御力が弱くシミになりやすい
肌となります。

色白で羨ましいと思われますが、実際色白の人は美白ケアや紫外線対策が大変ですよね。

紫外線対策以外にも、身体の中からも改善していくといいでしょう。

DNAの修復力は、親から子へ遺伝するものです。

色が白い親からは、色の白い子供が出来る可能性が高く、逆に色の黒い親からは色の黒い子供になる可能性が高いと
言われています。

まとめ

いかがでしたか?

遺伝とシミは深い関係がありましたね。

紫外線の防御力・修復力やメラニンの量は遺伝で決まってしまうので、変えることは出来ません。

遺伝でシミになりやすいと理解できれば、毎日のケアも何をしなければいけないかも分かってくるはずです。

毎日のケアで、シミの少ない若々しい肌を保っていきましょう。

出来ることから始めることも重要です。出来ることから始めて行きましょう!