普段は見えにくい薄いシミの「隠れシミ」は肌の奥で存在しています。

「隠れシミ」は誰もが持っているものです。

その誰もが持っているものが、肌の乾燥が続いたりダメージの量が増えてくるとその薄いシミが濃くなってきます。

濃くなって来たときに、「シミができた。」という認識をしてそこからケアをしても実際には、少し遅れています。

「隠れシミ」の状態からケアをしたり、「隠れシミ」ができないようにすることが一番大事です。

では、「隠れシミ」の原因は何なのでしょうか。

隠れシミの原因は?

隠れシミのできる原因は、紫外線です。

紫外線にはA波とB波があり、その中で原因になるのは主にB波になります。

B波が多い時期は5月~8月なので、日差しが強くないときでも紫外線は降り注いでいるので注意が必要です。

シミの原因は紫外線になりますが、紫外線を浴びないで生活することは難しいですよね。

シミを少しでも濃くしないように、日々行うケアが重要になります。

どういうケアが必要なのでしょうか。

肌のケアはどうしたらいいの?

濃くしない対策として、日々紫外線対策・乾燥対策・肌を優しく洗うという基本的な行為が大切です。

肌表面にシミがないからといって、油断せずに美白化粧品などを取り入れていきましょう。

肌のケアだけではなく、体の中からケアをしてあげることも大切です。

特に効果があるのは、βカロテンです。

βカロテンは、色の濃い野菜に多く含まれています。その食品をとることでビタミンをバランスよくとる効果も
あります。

隠れシミが発生してしまう原因3つ

いくら肌のケアをしていても、隠れシミが出てきてしまうかもしれません。

隠れシミが発生してしまう原因を見ていきましょう。

ストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れてきます。それによって肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

乱れることにより、メラニンが蓄積されるのでシミの原因になってしまいます。

ストレスを感じないで過ごすことも難しいので、少しでもストレスを溜めない改善策を持つことも重要になりますね。

ホルモンの乱れ

女性は毎月の月経によって、定期的にホルモンのバランスが崩れます。

女性にとって月経はなくてはならないものなので、しょうがないですね。

でも、そのときに何が起こっているのかが分かれば、対処もできるかもしれませんね。

女性ホルモンと黄体ホルモンの2種類あるなかで、黄体ホルモンが活発になると紫外線の影響を受けやすいので
メラニンが生まれやすくなってしまいます。

どうしても定期的にその時期が来てしまうのです。

血液不足

体内の血液が不足することによって、ホルモンのバランスが乱れます。

ホルモンの乱れと同じようにメラニンが生まれやすくなり、シミの原因となります。

まとめ

いかがでしたか?

シミの原因は紫外線ですが、隠れシミは誰もが持っているものです。

きちんとしたケアをすることにより、隠れシミが表面に出てくることはないのでしっかりケアしていきましょう。!