ある日、ふと鏡を見たら顔にシミを発見!…こんな時、けっこうへこみますよね。
シミなんて、出来れば一生無縁でいたい、と女性なら誰しも思うものではないでしょうか。

しかし、現実には、年齢を重ねるごとに、肌のお悩みの上位に出てくるほど、多くの女性を悩ましているシミ。
若い時はなかったはず、と思いませんか。
シミは、一体、いつ頃から出来始めるものなのでしょうか。

それがわかれば、事前にしっかり対策して、シミが出来るのを防ぐことができるかもしれませんよね。

そこで、今回は、シミはいつからできるのか、について考えてみたいと思います。

ターニングポイントは30代

医薬品メーカーや化粧品メーカーなどが行っている「肌のお悩み」についてのアンケートを見てみると、20代前半までは、「ニキビや吹き出物」「皮脂の分泌が多すぎる」といった答えが多く見られます。
しかし、20代後半以降になると、徐々に「シミ」という答えがトップに上がってきて、30代以降では、「シミ」と答える方の割合がものすごい勢いで増えていくようです。

アンケート結果から、どうやら、シミは20代後半から出来始め、30代に入るとどんどん増えていくようだ、ということがわかります。

シミは、新陳代謝の衰えのサイン?

シミはいつ頃から出来てくるのか、ということを考える前の予備知識として、シミは、どうしてできるのか、まとめてみたいと思います。

シミのもととなるのは、メラニン色素です。
メラニン色素は、日焼けした時に肌を黒くする働きをするものです。

メラニン色素の仕事は、紫外線のダメージから肌を守ること。紫外線を浴びると、肌の奥深くでは、免疫力が低下するなどのダメージが起こります。

メラニン色素は、紫外線が皮膚の奥深くまで浸透しないよう、肌の色を濃くすることで防御体制に入ります。これが日焼けの仕組みです。

通常であれば、メラニン色素は新陳代謝が行われる過程で皮膚から消えていくはずなのです。冬になると、夏真っ黒に日焼けしていた人も、肌の色が戻ってくるのはそのためです。

ただ、睡眠不足などの不摂生や、ストレス、加齢などによって、新陳代謝のスピードが落ちてくると、メラニン色素が消えることができず、皮膚に少しずつ残っていきます。その蓄積の結果が、メラニンの沈着、そう、シミになっていくのです。

メラニンの沈着を防ぐには

メラニン色素の沈着がシミの原因ということは、逆に考えると「メラニン色素を沈着させないようにすれば、シミが防げる」ということになりますよね。

では、メラニン色素を沈着させないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。
メラニン色素を沈着させないためには、新陳代謝のサイクルが正常に働くようにすることが一番です。

新陳代謝は、寝ている間に活発になると言われています。
特に、夜10時から深夜2時までは、肌の再生が一番活発になるので、夜更かしの方は、少し頑張って布団に入る時間を早めにするよう心掛けてみましょう。

また、ビタミンAは、メラニン色素の沈着を防ぐと言われていますから、毎日の食事にビタミンAを含む食品を摂り入れていくのも有効です。