NEWS

NEWS

  • TOP/ NEWS / カラダ作りはまず水分から。

カラダ作りはまず水分から。

1

水をよく飲む人はつくづくキレイだなと感じます。 水をよく飲む人は水玉のように汗をかき、 インターバル中にまた水を補給し、 それがまた汗ででている。

本当に循環がいいなと感じます。 ご存知かと思いますが、 カラダの60%は水分です。 赤ちゃんは80%、そこから年齢と共に高齢者は50%迄減るそうです。 ここで気になる記事を発見しました。


毎日水を3リットル飲んだだけのサラさんが見た目10歳若返る!

左と右の女性は同じ女性で42歳だといいます。女性の名前は「サラ」さんで、とある取り組みを行う事で見た目年齢何とマイナス10歳!。

なんだかなんとかクリームのステマのような展開ではございますが、今回はそう言う類では無く、サラさんが毎日水を「3リットル」飲んだだけで驚きの若さを手に入れたという事で海外でも話題になっております。


どうやら多くの女性は、水の摂取量が足りないと言われております。水は単純に水分補給を行うだけでなく、尿として排出することで、体にたまった毒素を排出し「デトックス」効果を促す作用があります。そのため、多くの「水」を摂取するという事は体の調子を整えることに繋がり、結果お肌の艶やハリを保つのです


以下元記事よりhttp://www.dailymail.co.uk/femail/article-2480491/How-drinking-litres-water-day-took-years-face.html?ITO=1490&ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490



やはりキレイな人はしっかり水分を取っているようです。
えっ!そんなの分かっているけど、なかなか飲む気になれないですって?
ではトレーナーがお水を積極的に飲む方法ベスト5ご紹介します。

  1. よく歩く。
  2. お風呂に長めに入る。
  3. 白湯を飲む、炭酸水を飲む。
  4. 手元にいつもお水を置いとく。
  5. 食事の味付けを濃くする。

これで2リットルは飲みたい!
大抵1、2でしっかり汗をかければ、必要量摂れると思います。また筋肉がつくと、その分保水力は上がるのでもっと水分を摂れるようになります。


3•4はデスクワークなど、白湯の入ったタンブラーをデスクに置いときます。これなら飲めそうな気がしませんか?


5は最終手段です。塩分はお水を吸収する働きがあるので、塩分が多くなると、喉が乾くのです。お酒のアテは何故お酒がすすむのかと言うのは、塩分が多いためです。


お酒のみの方は汗かきが多いのはそのためなんです。
このプログラムでは運動して、水分を補給する事を提案しています。最近お肌の調子はいかがですか?