NEWS

NEWS

  • TOP/ NEWS / 冷え性は夏に起こる!?

冷え性は夏に起こる!?

1

みなさん、こんにちは!!

ちょっと歩くだけで汗ダラダラ代謝MAXなトレーナー熊谷です!

今日は冷え性についてお話ししていきます。

は?夏なのに冷え性の話かよ!?

と思われるかもしれませんが、夏だからこそのこの話題なんです。

そう冷え性は夏に起こる!!

(正確に言えば夏場のエアコンが冷え性を起こす)

びっくりですよね。でもこれは事実。

多くの現代人が陥る問題です。

〇エアコンで冷え性が起こるメカニズム

冷え性の原因となるのは室温と外気温の差です。

この差が大きければ大きいほど身体の負担となります。

その大きな負担を受けるのが体温を調節してる

『自律神経』です。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。

交感神経は血管を収縮させて身体を温める機能があり、

副交感神経は血管を拡張させ熱を逃して体を冷やす機能があります。

エアコンで体が冷やされると交感神経が優位になり、血管や筋肉は収縮していきます。

それが長時間続くとどうなるでしょうか??

血流が悪くなり、身体は冷えて筋肉もガチガチに。

そして、灼熱の外気に触れると身体は副交感神経のスイッチをONにして身体を冷やそうとします。

しかし、これには問題があります。

本来は交感神経と副交感神経はゆっくりと切り替わるものなのです。

すぐに切り替えるというのはかなり負担が大きいのです。

この負担の大きい行為を現代人は

夏場毎日繰り返しています。

そして、

疲弊した自律神経は正常に機能しなくなる。。泣

いわゆる自律神経失調症や自律神経の慢性疲労の状態です。

こうなってしまうと体温の調節がうまくできなくなり、年中冷え性の身体になってしまいます。

また、自律神経は他にも胃腸の働きやホルモンの分泌などのたくさんの役割があるため、機能が低下すると食欲不振、便秘、下痢、不眠症、倦怠感、頭痛、情緒不安定などの症状も出る可能性があります。

思い当たる点があった方は次に紹介する改善法を試してみてください!!

一緒に改善していきましょう!!

〇冷え性の改善法

冷え性の悲劇を繰り返さないためには、

下記のポイントを意識していきましょう!!

✅エアコンの設定温度は25〜28℃にする!

→多くの人が快適に過ごせる温度且つ体への負担も少ない温度です。

✅室温と外気の温度差を3〜4℃にする!

→前述の通り外気との温度差はなるべく少なくしましょう。

✅直接エアコンの風に当たらないようにする!

→直接風に当たると急激に体温が奪われます。

✅適度に運動をする!

→運動には自律神経を整えたり、発汗、血流UPなど体温調節機能を正常に保つために必要な要素がたくさん含まれてます。冷え性の方は特に運動する習慣をつけたいところです。

✅カラダを冷やす飲食物を取りすぎない!

→夏場はついつい冷たい食べ物や飲み物が欲しくなりますよね。キンキンに冷えたビールやアイスは最高ですが、ほどほどに抑えましょう。

✅自分で温度調整できない場合は服で調整する!

→職場や出先で自分では温度が調節できない場面もあると思います。そんな時は服で調節してあげると体温調節しやすいです。直接風が当たるのも防げますね。

✅入浴する!

→暑い夏の入浴は気が進まない方も多いと思いますが、手っ取り早く身体を温め、汗をかくにはこれが一番。水圧によって血管の健康を保つ効果もあるので決して侮ってはいけません。

ジムでも自律神経を整える方法をお伝えできます。

冷え性でお困りの方はぜひ熊谷にご相談ください!!

皆さんの冷え性が少しでも和らぐと嬉しいです^ ^

ということで

本日は夏場から冷え性との戦いは始まってるよ〜という話でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは^ ^